比治山の森を守り育てる会

広島市南区にある小さな山、比治山は国有地を広島市が比治山公園として維持管理をしており、その実務は南区役所が行っています。 比治山は広島市中心部に位置する、貴重な自然にプライスレスで触れることができる身近な森です。 遊歩道や広場などはきれいに整備されていますが、豊かな自然の残る山肌は長年ずっと放置され続けてきました。...
比治山には狸や狐などたくさんの野生動物が生息しています。 この日、山肌の整備に行くと、1匹の弱り果てた狸がいました。 毛がほとんど抜けて疥癬症を患っているようにみえます。 首は腫れて膿が出ています。 (疥癬症とは、ダニが皮膚に寄生する感染症です。)...
2021年に入り、広島市による比治山の樹木整備が始まっています。 沿道から山肌にかけて約5m以内に生えている危ない枝や幹を切って、安全な場所づくりをしています。 比治山にある現代美術館も休館期間に入り、リニューアル作業が始まります。 この比治山整備の中で、もう使われていない家屋(廃屋)を解体する作業も行われています。...
広島市南区にある比治山は、国有地を広島市が借りて、所在地である南区役所が維持管理しています。 Google mapの航空写真で広島市を見ると、まるでコンクリートジャングル。 さらに今もわずかな自然はどんどん減っています。
広島市中心部も厳しい暑さの夏です。 大雨が続いたかと思えば、35℃前後の気温が続く猛暑。 毎年のように気候変動を感じる時代になりました。 Google mapの航空写真を見ると、広島市中心部はまるでコンクリートジャングル。 気象庁が発表している気温以上の体感温度です。 そんな広島市中心部の中にポツンとあるオアシス、比治山。...
毎年、夏本番前には比治山の山肌で下草・笹刈りを行います。 今年はそれに加え、水路になっている溝に溜まった土を取り除く作業も行いました。 ここ数年、豪雨や台風などによる災害が続いています。 比治山は住宅地に密接しているため、被害を未然に防ぐための整備を定期的に行っています。...
広島市中心部にある比治山は、国有地を広島市が借りて比治山公園として維持管理しています。 比治山に美術館が建設された約30年前に一度整備された山肌は、それ以降ずっと放置され続けていました。 そんな中、昨年度末に広島市によって園路沿いに生えている木の間伐や選定作業がありました。...
乾燥している冬の時期は、森林整備のベストシーズンです。 今日は比治山で立ち枯れ樹木の伐採作業と、下草・笹刈りを行いました。 これまで、チェーンソーを使った伐採作業は、他団体のプロフェッショナルな方々にお願いしていましたが、今回は比較的細く短い木を自分達でチェーンソーを使って伐りました。...
近年、比治山は竹が増え続けています。 1年ごとにその勢いは増しているように感じます。 竹は根を深く張らないので土砂崩れの原因になります。 比治山は住宅地と密接しているので、被害を未然に防ぐために私達は定期的に竹林の整備をしています。 枯れた竹や木に隣接して生えている竹を中心に切っていきます。 また、竹林は多くのゴミが散乱しています。...
2019年12月3日(火) 15時から放送の中国放送(RCC)「イマなまっ!」の中で比治山の森を守り育てる会の活動が紹介されます。 先日のlovegreen助成を受けての放送です。 是非ご覧ください^^

さらに表示する

NPO法人 森いく比治山

〒732-0811 広島市南区段原3丁目10−9

082 259 3965

email: moriikuhijiyama@icloud.com


© 2018 NPO法人森いく比治山.