さくらっ子農園

この時期になると毎年、新年長さん親子と新年中さん親子でさくらっ子農園の農園整備と種植えを行います。

新年中さんは初めての畑仕事。

新年長さんの作業を見ながら頑張っていました。

 

まずは農園整備。

お父さんは畝作り、お母さんは雑草抜きを行います。

たまに子育てのお話をしたり、「あ、てんとう虫!」と自然に触れたりしつつ。

 

子ども達は栽培中の玉ねぎのお世話をして、牛糞や米ぬかなどの肥料を撒いていきます。

畝作りが終わると、じゃが芋の種芋を親子で植えていきます。

今回は色々な種類のじゃが芋を植えました。

 

「ポテトチップスにすると美味しいじゃが芋も植えるよ」

と聞くと一際目を輝かせていた子ども達。

収穫が楽しみですね^^

 

さくらっ子農園の維持管理は園児はもちろん、保護者の皆さんにもご協力頂いています。

土作りから草抜き、水やり、収穫、調理まで、農作物を育てる大変さや嬉しさ、チームワークや喜び合うことなど、子ども達はたくさん学びます。

広島市の中心部でこういった経験ができることは本当に貴重だなと思います。

 

今日はじゃが芋だけでしたが、これから色々な野菜や果物を植えていく予定です。

とっても楽しみですね^^

NPO法人 森いく比治山

〒732-0811 広島市南区段原3丁目10−9

082 259 3965

email: moriikuhijiyama@icloud.com


© 2018 NPO法人森いく比治山.